19アンタレス【シマノ:2019 ANTARES HG】

19アンタレス【シマノ:2019 ANTARES HG】

▲HGの右巻きを発売日に購入♪超イイ!!

19アンタレス:シマノ

はい、いよいよ大本命のお出ましですね。

スプール径34mm、汎用性の高さがウリの19アンタレス!!

「03アンタレスAR最強説」を唱えていたヒトリとしてスルーすることができず、ワタクシなりに情報を探っていたのですが。

シマノさんの公式サイトに記された下記文面、コチラで一気にココロ動かされて実機も見ないまま予約しちゃいました。

シマノ製バス用ベイトリールのスプール幅は22㎜を標準としているが、NEWアンタレスに採用されるマグナムライトスプールⅢは、そこからさらに3㎜幅を詰めた独自のナロー形状となっている。これは材質を薄肉化して慣性低減を図ったマグナムライトスプールⅢの長所をさらに引き出すための変更で、クイックな回転の立ち上がりと、最後の最後までライン放出が続く、圧倒的な後伸びの良さに貢献している。どこまでも抜けていく爽快な伸びは従来モデルを遥かに上回り、一度キャストすればその違いを誰もが体感できるレベルに到達している。

フィッシングショー2019で実物を確認してまいりました、結果から言うと予約しちゃって良かったです!詳しくはコチラから♪

19アンタレスのポイントはMGLスプールⅢ

19アンタレスに採用されているMGL(マグナムライト)スプールⅢの幅は19mm

公式サイトの画像ほかモロモロの表記を見ると、スプール全体の幅のようにも受け取れちゃいますが(本記事執筆時)。

手持ちのバンタムMGLやアンタレスARのスプールサイズ、またサイト掲載画像での縦横比率から判断するに内側の糸巻き部分の幅で間違いないだろうと(念のためシマノさんに確認中)。

※シマノさんから「いずれも糸巻部の数値」とのご回答をいただきました!!

で、糸巻き幅19mmクラスのナロースプールの定番と言えばABUの4000番台

すなわち、ワタクシが超溺愛している521XLT系ないし1000Cと同等のサイズ感ということに。

521XLT系1000Cはミナサマご存知の通り(?)、アベイル製軽量スプールに交換することで管釣りトラウトでも活躍しちゃうというスグレモノ。

PEラインの扱い易さも含め、ラインを捌く能力の高さが軽量ルアーのキャストにも向いており。

※レベルワインドがフリーになる機種です

※レベルワインドがフリーになる機種です

もちろん、521XLT系の場合はレベルワインドがフリーになる機構の恩恵もあるのですが。

普段使っている感覚からすると、ナロースプールであるところも大いに影響しているという実感が。

一方で、同じく溺愛しているチョイ古めなベイトリールのABU2000C。

見た目的な縦横比率のカッコ良さはカンペキなのですが、ワイドスプール故に飛距離的にはかなり不利

PEラインの放出テストでも、糸巻き幅19mmクラスの1000Cはスムーズなのに2000Cはスプール上の抵抗でリールが徐々に回ってしまうというテイタラク。。

※ラインの角度が最大になるようレベルワインドを端に寄せています

※ラインの角度が最大になるようレベルワインドを端に寄せています

と、いうわけで。

ナロースプールの効能を日々実感しているワタクシは、マグナムライトスプールⅢの可能性にワクワクが止まらないのです♪

19アンタレスの気になるところ!?

正直なところ、気にしているのは特定の角度からの見た目くらい。

拝見した写真によっては好みからズレてそうな予感もするのですが、恐らくパースとかの加減だろうなぁと。

バンタムMGL購入時に心配していたMMギアも、現状では特に問題なさそうなので気にしない方向で。

また、サイレントチューンも(バンタムMGLのようなシンプルな構造なら)悪くない印象。

となると、イチ早く手元に取り寄せたくなるのはもう必然!!

より確実に入手すべく、予約に踏み切った次第です♪

19アンタレスの用途

で、青田買い的に白羽の矢を立ててみた19アンタレス。

まずは単純に、経年劣化が見受けられる手持ちのアンタレスARとの入れ替え的なカタチで使ってみようかなと。

合わせるロッドはベーシックなFD PV-1610Mがメイン、ラインの太さを調整することで何にでも使っちゃう系。

場合によっては妻も使うことになると思うのですが、サイズ感も無難そうだし何とかなりそうな?

まぁ、この辺は慣れてくれるでしょう♪

19アンタレスのスペックとか

19アンタレスは左右ハンドルそれぞれ2タイプのギア比という構成、いわゆるノーマルギアとHG(ハイギア)的なラインナップ。

自重はいずれも220g、ワタクシ的には重過ぎず軽過ぎずよろしそうといった印象。

19アンタレス スペック表

繰り返しになりますが、今回は手持ちのアンタレスARとの入れ替え的なカタチでのオーダー。

また、右ハンドルモデルならバンタムMGL左ハンドルの時のような遅れも少なかろうと。。

その辺も加味しつつ、アレコレ考えた末にノーマルギアの右ハンドルモデルをセレクトしてみた次第。

シマノさんのベイトリール、やっぱり右ハンドルモデル優先ってことなんですかね?

はい、まとめ!!

相変わらず80年代リール溺愛系なのですが、ナンヤカンヤ気遣いながら使っていくというカタチはもう避けようがなく。

そちらを愛でつつも、代替に値するイマドキリールも少しずつ考えていかないと。

と、いったところにバンタムMGLや今回の19アンタレスという素敵なベイトリールが出てきてくれて嬉しい限り♪

でもでも、過去のDC系のように優秀過ぎて飽きちゃうパターンに陥る可能性もナキニシモアラズ!?

その辺の確認をするためにも早く使い倒したいなぁと。

無論、今のところ期待しかしていませんが♪

追記:結果的にHGの右ハンドルモデルを発売日に購入!!

19アンタレスHG右ハンドルを購入

モロモロあって、2月28日に先行発売された19アンタレスHG右ハンドルモデルを購入しました。

下糸用にストックしているラインを適当に巻いてお部屋で遊んでみたところ、コレがまた予想以上によろしくて♪

翌日の仕事の仕込みのこととかも忘れ、MGLスプールⅢの軽快な立ち上がり感巻き心地にウットリ酔いしれちゃいました。

☆気持ちお尻下がりで低すぎないシルエットがとてもよろしい按配、シャレでセットしてみたフジグリップとの相性も超好みでした!!

☆スプールはベアリング込みで約13g、バランスが非常に良いので当面ノーマルのまま試してみようかなと。やや短めなハンドルだけ迷い中。。

この圧倒的ワクワク感、伝わるでしょうか?

現在抱えているお仕事が山場を超えたら、お休みを頂戴して平日釣行とかしてみちゃおうかなぁ。。

何はともあれ、早く使いに行けますように!!

更に追記:19アンタレスもクラッチカスタム!!

KDWことカケヅカデザインワークスさんの逸品!

バンタムMGL用のオフセットクラッチを(自己責任で)ブチ込んでみましたよ。

思いっきり見切り発車でしたが、ナカナカよろしい按配です♪

相模湖で使ってきましたよ

そんなわけで、早くも溺愛モードです!!

▼詳しくはコチラ
19アンタレスHGの実釣インプレ!予想以上のフィーリングでした♪

19アンタレスを使用するだけの動画♪

【c】GoPro

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします