バンタムMGLの左ハンドルモデルがようやく到着!【Bantam MGL XG LEFT:シマノ】

▲シャウラ4ピース、この流れで復活なるか?

バンタム MGL XG LEFT【シマノ】

はい、バンタム MGLの左ハンドル版

販売が少し遅れると聞いていましたが、まさかココまで待たされるとは。

何はともあれ、久々にシマノさんの新作ベイトリールを発売直後に入手してみましたよ。

スーパーサブ的に活用している我が家のアンタレスARも購入してから10数年、保守パーツの供給も終了したとかしないとか?

流石に「そろそろ何かしら手を打たないと」ということで。

スペシャルベーシックなベイトリール、そんなニュアンスでバンタムMGLに白羽の矢。

初見では意匠的にチョコチョコ気になるところがあったものの、程良くノスタルジックな佇まいは案外悪くないのかなと。

且つ、アンタレスARよりコンパクトでありながら強靭さを増しているアルミモノコック仕様のボディ

手持ちのタックルで手薄になっている左ハンドルモデルの増強という側面も含め、総合的にソソられた次第でございます。

で、梅雨入り直前の相模湖で使ってきたこともあり。

既に右ハンドルモデルでのレビュー記事が溢れかえっていることは承知の上で、後追い的なことをチョットだけ♪

Bantam MGL XG LEFT

バンタムMGLのコンパクトさに着目!

まずイメージしたのは、往年の逸品シャウラ4ピース1501FFのメインリール的な位置付け。

最近隠居気味になっているシャウラ4ピース1501FFですが、タイプの異なるフエルコさんのXT510-4Cと併用したら面白そうかなと。

ちなみに数あるギア比の中からXG仕様を選んだのは、単純に興味本位というところが正直なところ。

ちょっと前に個人輸入したコンセプトZも、同様の理由でギア比8.1:1をセレクト♪

そんな安易な選択でしたが、ジグロッドに乗せて使用した際の巻き心地は申し分ナシ。

超スローリトリーブだと若干ギクシャクしちゃいましたが、ボディ剛性による安定感も影響してか早々に慣れちゃいました。

癖がないキャストフィーリングも好印象!

軽めなチカラ加減でも程良く伸びてくれるので、とりわけピッチングでのアプローチが気持ち良く。

また、ブレーキ調整を頻繁にするタイプではないのですが、外付けダイヤルはやっぱり便利。

変にクリッカーを入れず無段階調整にしている点も、感覚重視なワタクシ的にはツボでした♪

☆シンプルかつ程良くノスタルジック、この辺の角度から見るデザインは割と好みです。

☆ファイナルディメンションとの組み合わせが思いのほか!コンパクトなのでFujiグリップとの相性も悪くないです♪

前述の通り、基本的にはシャウラ4ピース1501FFとの組合せを想定していたのですが。

いざアレコレお見合いさせてみると、シンプルかつコンパクトなデザインが功を奏して何にでも合わせやすいことが発覚!

特にFDことファイナルディメンション、パーフェクションシートとの相性が思いのほかよろしくて。

コレなら左ハンドルを待っている間に右ハンドルモデルを先に購入しちゃっても良かったかなぁなんて。

残念だったのは、スモールプラグスペシャルことHL-Z671MLFB-STに乗せられなかったこと。

この組合せに軽量浅溝スプール組み込んで遊べたら、それはそれは楽しかろうと。

まぁ、この辺はハートランド系のお約束ということで♪

バンタムMGLレベルワインド加工からの流れというか勢いで、スモールプラグスペシャルのリールシートをリューターで削ってしまいました

バンタムMGL+スモールプラグスペシャル、この組合せも一体感があってナカナカ魅力的です♪

バンタムMGLの気になったところも少しだけ

最初に手にした際に感じたのは塗装の厚み、妙にモッタリしてエッジが緩いなぁと。

シマノのリールの表面塗装、個人的にはアンタレスAR的な薄めな処理がベスト。

エッジの立ち方がキレイだし、エイジング的な傷の付き方とかも好み。

塗料の喰い付きとか腐食防止とかの理由があるのかもしれませんが、コレはちょっとだけ残念でした。

あと、ハンドル周りのデザインがモッサリしている問題。

好みの問題と言えばそれまでですが、とりあえずハンドルとスタードラグは変える予定。

サクっと変えました♪

あとあと、ダイアルケースのバリ問題!!

☆チョット見難いかもしれませんが、エッジにバリ的なものが(アンシャープマスクで少しだけ強調しています)

☆リールフットのエッジの禿げ方を塗装強度の目安にしています(バンタムMGL、そんなに強くない?)

重箱の隅を突くような細かな指摘、バンタムMGLをココロの底から溺愛されている方には申し訳ないのですが。

ココはギミック面ないしデザイン面での大きなポイントでもあるので、もう少し丁寧に扱って欲しかったなぁと。

コスト的な兼ね合いもあると思いますし、いわゆる個体差的なところかもしれませんが。

カッコ付けるべきところでは、ちゃんとカッコ付けて欲しかったなぁといったところです。

尚、ブレーキ調整ダイヤルを収めるための切り欠きが上向きでゴミが溜まりそう問題。

実際に使用してみて感じたのは、ブレーキ調整の操作感を重視するとこうなるのかなぁと。

ベタですが、日頃から意識して掃除する的なカタチで解決を図ってみます。

ソンナコンナで!!

色々と勝手な事を記しておりますが、気になっている点はいずれも見た目の問題

要するに、バンタムMGLの使い勝手はナカナカ好印象ということ。

レベルワインドがスプールに近い点に関しては、フロロ16LBを使用している分には全く問題ありませんでした。

でも、どこかで一度PEラインとの相性をしっかり検証したく。

バンタムMGLほか、手持ちのベイトリールとPEラインとの相性チェックをしてみました詳しくはコチラ!!

食わず嫌いだったマイクロモジュールギアに関しても、もう少し使い込んだ上で改めて追記させてもらう予定。

「そもそも釣行頻度が低いし、そんなに気にしなくても大丈夫じゃない?」という鋭いアドバイスも頂いているのですが、、、。

はい、とりあえずそんな感じです。

バンタムMGL(XG LEFT)、ナンヤカンヤで思っていたより全然良かったです!!

そして開発中とウワサされているアベイルさんスプールが本気で待ち遠しい。。。

アベイルさんスプールが遂に販売開始!!!!!

ワタクシも速攻でアタックしました詳しくはコチラ♪

追記:マイクロモジュールギアについて

先日、某釣り具量販店に勤務している同い年の従弟と話す機会があったので聞いてみたところナカナカ興味深い返しが。

  • マイクロモジュールギア自体は以前から採用されている。
  • 評判的にも、店頭での印象では概ねよろしい感じ。
  • 初心者による過度な自主メンテが原因になっている場合もあったりなかったり?
  • 製品特性上シビアな側面は確かにあるので、分解および組立にはソレナリの注意をした方が。。

また、「ギア回りは粘性高めのグリスが良いのでは?」的なことも言っていたように思います。

あと「お前を含め、マニアと対峙するときはレベル感の差異があるので実機を見ないと何とも言い難いなぁw」とも。。。

その辺はさておき!!

ワタクシも割と好んで分解するタチなのでモロモロ意識した上でバンタムMGLを使い込んでみます♪

更に追記:アレやコレやとカスタム中

バンタムMGLアベイルスプールカスタム

CZBベアリングの部分導入と、念願のアベイルスプールほかカスタムパーツを装着!!

さらに調子に乗って、禁断のレベルワインド出目金カスタムも!?

諸々の結果、細かなアレコレが解消されてバンタムMGL愛が深まっています

比較?19アンタレスを待つかバンタムMGLを買い足すか

2019年のシーズンを考えたとき、ビッグベイト系に用いているリールをどうしようかなと。

QTC仕様の5500Cはさておき、2000Cはワイドスプールの影響で遠投を必要とするシチュエーションでは若干厳しいところがあり。

そんなこともあり、19アンタレスを意識していたのですが。

ウワサ通りARっぽい方向性になるなら、用途的にもバンタムMGLの方が適してそうな?

でもでも、AR好きという観点で見たら19アンタレスはやっぱり捨て難く(導入する目的が思いっきり崩壊しちゃってますが)。

ポイントはあの容姿、独特な外見を愛でられるかどうか?という感じで見ています。

っていうか、バンタムMGLと19アンタレスって比較すべき対象なんでしたっけ?という元も子もないアレもあるのですが。

何はともあれ、まずは実機を見てからかなと。

ジャパンフィッシングショー2019、行けるかな?

おまけ:結局19アンタレスを予約!!

  • 直径34mm、糸巻き幅19mmなナロースプールにソソラレタ!
  • 手持ちのアレコレを考えたらアンタレスARの代替機があった方が!
  • 19アンタレスの見た目が思っていたよりも大丈夫そう、むしろ好み?

これらの理由で19アンタレス右ハンドルのHGじゃない方を予約しちゃいました。

モロモロの詳細はコチラから♪

ちなみにビッグベイト系は、余裕があったらノーマル仕様のバンタムMGLを。

でもQTC仕様の5500Cを優先的に使っちゃいそうなので、コチラは慌てない方向で。。

バンタムMGL用Availスプール3.6mm溝!!

バンタムMGL用Availスプール5.8mm溝!!

念願のオフセットクラッチも遂に!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします