ブラックバス釣り in 相模湖 2回目【2017:シレッと平日釣行】

▲今回も操船は同僚におまかせ系。

2017 05/19 in 相模湖秋山川&上流部 バスフィッシング

はい。

苦手意識の強いスポーニング絡みの季節。

確認してみたら、ココ数年で同時期の相模湖釣行が数える程度。

でも今回は、昨年11月に幸運をもたらしてくれた同僚から「代休取得日を合せて行きませんか?」的なお声掛け。

この流れに乗らない手はなかろうと。

ソンナコンナで五月の相模湖にいざ出陣!!

基本的にはライト・テキサスやスモラバ系で様子を見て。

何かしら雰囲気めいたものを感じたら、ラバージグ等で大きいコにアピールする算段。

メインの狙い目は、同僚の希望も加味して秋山川方面に。

でも気温が上がるまではニンゲン優先!まずは日向を探すという相変わらずな回り方。

まだまだ朝イチは冷え込むんですね。

で、ちゃんと釣り始めたのは7時くらい?

やや出遅れた感があったものの、オーバーハング下やブッシュの中をジックリ探ると時折ステキな反応が。

そして個人的にもそれなりの実績があるポイントで、同僚が35cm前後のバスを数回ヒット!!

残念ながらドラグのセッティングがおかしなことになっていたようで、いずれのコもあと少しのところでサヨウナラ。

お魚の元気な姿を拝見して我々のテンションは否応ナシに高まったのですが。

場を休めることも考慮しつつ。

他の要素が絡むポイントもチェックしましょうということで、更に上流部に移動開始。

尚、ワタクシがいつものように脱線し始めたのはこの辺から。

アフター回復系の良型なコが一定数いらっしゃるだろうという希望的観測が膨らみ、フラットサイド系を用いた巻物中心にシフト。

ライトテキサスをセットしていたタックルも、一発狙いのラバージグにチェンジ。

喰わせ系は、サムルアーズさんのリップレスサミング系でフォローする算段。

まぁ、こういうことをするとどういう結果を招くか分かってはいるのですが。

☆今回は非円形Abuのみの構成で。

☆最後の最後、溺愛サムバイブSSにビッグバイト!状況的には鯉のスレだと思いますがちょっと興奮しちゃいました♪

秋山川の最上流部に入る頃に風が吹き始めて様子が様変わり。

先程までは良かったポイントもアッサリ反応がなくなり万事休ス。

強めの風に流されるカタチで流浪の民。

何度か惜しいシーンはあったものの、結果としては残念ながら。

ちなみに今回も同僚に操船をお願いしていたのですが、この彼がやたら切り替えが早いというか何というか。

例えバイトがあっても粘らずに次に行っちゃうタイプ、このリズムというかテンポが妙によろしくて。

本流との合流点、吉野ワンド、揚沢ワンド、そして日相園前。

前述した通りヒットには繋げられませんでしたが、所々でバイトを得られていたので満足度は高く。

そして釣果以外のところでも。

例えばお互いのリールセッティングの差異を深堀してみたり、職場では話せないお仕事がらみのアレコレで盛り上がってみたり。

ボート返却後に立ち寄ったファミレスでの反省会も含め、とても充実したヒトトキを満喫させてもらいました♪

そうそう。

この日のために、ダウンショット系のアイテムをいくつか用意していたのですが。

どうやらセッティングが間違っていたようで、イマイチ使いこなせず。

また、タックルバランスでも幾つかの課題が浮き彫りに。

この辺の調整も釣りの醍醐味ということで。

アレコレ妄想を膨らませながら、のんびり調整を楽しもうかなと。

はい。

とりあえずそんな感じです。

*相模湖、平日でもソレナリに混んでました♪

++ タックルの詳細 ++

▼ライトテキサス、デビルジグ用♪
Abu 521 XLT アベイルスプールPEライン仕様FD PV-1610M

▼今回はフラットサイド系を多投♪
Abu 521 XLT アベイルスプール仕様FD TS-1610MF

▼スピナベはコチラのタックルで♪
521 PLUS LH アベイルスプール仕様 + FD TS-172MHPF

▼リップレスサミングへのバイトも惜しかった♪
Abu 1000C アベイルスプール仕様サムスティック Light Trip wG52

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします