ゴープロ7でタイムワープ!アレコレ脇道に逸れつつもやっぱり王道で【GoPro HERO7 Black】

ゴープロ7でタイムワープ!アレコレ脇道に逸れつつもやっぱり王道で【GoPro HERO7 Black】

▲いきなり釣具じゃないネタで♪

やっぱり王道!GoPro HERO7 Black

はい、あけましたね。

新年早々、釣具じゃないモノをネタにしちゃうパターン♪

今更と言えば今更ですが、ジンバルキラーと名高いGoPro HERO7 Blackを購入してみましたよ。

基本的に動画遊びはキライじゃないタチ!

ジンバル系のアイテムも、これまで2つほど所有していたり。

具体的にはスマホ用ジンバルの有名どころ、DJI OSMO MOBILE2

あと、既に放出しちゃって名前は忘れちゃいましたが、一眼レフ用のジンバルをクラウドファンディングで。

いずれも性能的にはとてもおもしろかったのですが、そもそもジンバル系だと撮りたい絵面からはちょっとズレるのかなぁと。

ジンバル系よりもGoPro?

ジンバルと言えば、ブレや揺れを抑えてスムーズな絵面を撮影できるのが特徴です。

でもソレって移動しながらの撮影、もしくはカメラを積極的に動かしながら撮る際に効果を発揮するもの。

カメラマンとして集中できる場合はさて置き、釣りをしながら撮影するカタチなら据え置き+ウェラブルタイプの方が良かろうと。

ソンナコンナで高スペック過ぎて手軽さに欠けた一眼レフ用ジンバルを放出し、入れ替え的なイメージでGoProシリーズに白羽の矢!!

アレコレ考えて選んだのは、ハイパースムース(HyperSmooth)なる手振れ防止機能搭載のHero7。

その中から、最高画質且つタイムワープ(TimeWarp)ビデオ機能対応のBlackをチョイス。

ちなみに最も興味深かったのが、動きながらタイムラプス撮影ができるタイムワープ機能。

GoPro HERO7 Blackが届いた翌日、丁度おクルマで出かける用事があったので早速ちょっとだけお試しを。

GoPro HERO7 Blackのタイムワープ機能!

操作や設定に関しては、GoPro公式サイトにおまかせするとして。

いや、もとい。

恥ずかしながらタイムワープ動画が4Kワイドで撮れるというイメージがなく、今回の動画は画質的にチョイ間違えているのですが。

何はともあれ、画質と速さの設定を選んでシャッターボタンを押すだけで撮影可能♪

※4:3/1440で撮影したものを動画ソフトでトリミングしています

※4:3/1440で撮影したものを動画ソフトでトリミングしています

※4:3/1440で撮影したものを動画ソフトでトリミングしています

※4:3/1440で撮影したものを動画ソフトでトリミングしています

明るさの変わる夕暮れ時でも、特に細かな設定することなく勝手によろしい按配に

GoPro HERO7 Black、ナカナカやりおるなぁと。

それこそ釣り用という目的からは逸れちゃいますが、このタイムワープ機能だけでも買ってよかったナと感じています!!

一緒に購入したオプション品とか

オプション品が多いのもGoProの魅力、一緒に購入したアイテムもご紹介!!

まず絶対必要なのがmicroSDカード

コレ、基本セットには付いていないんですね知りませんでした。

その程度の知識だったので、某ショッピングサイトのオススメ品から価格と容量のバランスだけ見て何となく64GBで良いかなと。

でもでも、何気に非対応品とかもアッタリナカッタリ!?

今後追加する際は、メーカーサイトでチェックするようにしてみます。

レンズおよび液晶保護系アイテムもオススメ候補から選択、コチラはシリコン製レンズカバーも含めて2セット入っているタイプ。

「念のため予備を!」と思っていましたが、とても張り付けやすい保護シールだったしコチラは1セット分で良かったかもです。

また、GoPro HERO7 Blackは電池の持ちが微妙らしいので予備バッテリー及び充電器も最初から用意。

選んだのは2つ同時に効率良く充電できるタイプ、割と心配性なので家電系の電源関連は純正品が好みです♪

風切り音対策用スポンジカバーも購入したのですがコチラはまだ未使用、効果の程は使ってからのお楽しみということで。

尚、マウント系はお安い盛り沢山セットがいっぱいあるようですが。

「車載吸盤マウント」「チェストストラップ」「ヘッドストラップ」「浮き棒(?)」の入った必要最小限セットをとりあえず。

使ってみてイマイチだったら、お高めな純正品を考えてみようかなという算段です。

☆今回使用したのは車載吸盤マウント、若干心配だった吸盤もちゃんと機能してくれました!!

☆バッテリーの消費具合がよくわからなかったので、カバーを外し外付けバッテリーを装着して撮影しています。

前述の通り、車載吸盤マウントは問題なく使用可能だったのですが。

作りがシンプルとでも言いましょうか、油断すると割と重要な軸がスルリと抜けちゃう仕様でした。

まぁ、お安いお値段の背景にはソレナリの理由があるということでしょう♪

尚、ヘッドストラップなど釣行時に使うであろう他のアイテムは実際に使用してからまたレビューさせていただきます。

うーん、使うかな。。

GoPro HERO7 Blackで気になった点

今のところ、「思ったよりも重いかも?」という1点のみ。

ヘッドストラップをお部屋でお試し装着してみたところ、若干弱めなワタクシの首だと少々キツめな印象が。

慣れの問題かもしれませんが、場合によってはネックハウジングマウントなるものとかも検討してみようかなと。

この辺は使っているうちにアレコレ出てきそうですね。

まずは色々な局面で試してみます♪

はい、まとめ!!

発売当初に東急ハンズさんの店頭で見せてもらって以来、ずーっと気になっていたGoProをようやく入手♪

具体的な使用イメージとかはまだないのですが、手元に残しているスマホ用ジンバルと併用しつつ釣り場で酷使してみようかなと。

「百聞は一見にしかず」的な?

ワタクシの雑な文章を読んでいただくよりも動画を見ていただく方が確実なことも多そうですし、ある意味ラクもできるかなぁと。

いや、そんなことよりも単純にコレ面白いですユーチューバーさんだけに使わすのは勿体ナイですね。

ということで良く分かりませんが、今年も何卒よろしくお願いいたしますご贔屓に♪

はい、とりあえずそんな感じで!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします