ブラックバス釣り in 琵琶湖 2回目【2018:ベイト難民キャンプ_Day1-3】

ブラックバス釣り in 琵琶湖 2回目【2018:ベイト難民キャンプ_Day1-3】

▲Huerco XT510-4Cが4セット♪

2018 09/15 – 09/17 in 琵琶湖 バスフィッシング

はい。

スペシャルゲストを含めて総勢12名。

晩夏の恒例、奥琵琶湖の集いに今年も参戦してきましたよ。

11回目を迎えた「ベイト難民キャンプ」、若干マニアックな釣りブロガー(元釣りブロガー?)達が集うこの催し。

ワタクシは今回も奈良方面を目指す妻と途中まで同伴、ちょっと距離が長めな送り迎え的な。

ちなみに妻。

琵琶湖畔同様前半は雨に苛まれたようですが、念願だった飛鳥方面を回れたとか?

写真やら動画やらを見たところ、コチラもナカナカ魅力的。

別の機会に訪れてみたいです!!

ソンナコンナで某駅にて妻を見送ったあと、現金150円をお支払いして琵琶湖大橋を横断

大好きな湖西方面からのんびり北上しつつ、休憩も兼ねてチョコチョコとお立ち寄り。

で、毎回のことながら圧倒的な広大さとお水の透明度を目の当たりにして一旦放心状態に。

ある種のルーティン、この辺のココロの機微がまた妙に楽しかったりするのです。

湖西、湖北での釣り

雨が弱まったタイミングを見計らい、湖西の某所で予行練習。

ちょっと前に新調した偏光グラス、そのラスターオレンジのレンズを通して小鮎の群れに着くターゲットを探すも目に入るのはニゴイとハスと子バスのみ

結局ハスと思わしきバイトを数回得られただけで初戦は終了、「いやいや本番はこれから!」的な呑気な考えでお宿の方へ。

☆まさに風光明媚。現地でお話しした観光に来られた方も、水の美しさに驚いてました。

☆釣果的にはお宿の前でヒットしてくれたギルと貴重なルアーを持っていかれそうになった捨て糸のみ。まぁ、次に繋がるかと♪

でもでも今年は終始こんな感じ。

例年にも増して昼夜楽し過ぎたため、連日朝寝坊して朝マズメを逃したこともありますが。

ピークは初日の夜、名幹事UEDAさんと夜に回った某流れ込み。

数年前の再現?まずUEDAさんが釣り上げ別ポイントに移動。

再び戻ってきて同じ場所を優先的に打たせてもらい、その1投目にナイスバイト炸裂!!!!

50UPとは言い難いですがそれなりの手応え!を、フックアップ出来ずに即終了。

条件が整っているポイントには次の魚がちゃんと入ってくるパターン、意識しつつも油断してました。。

あと、最初にこのポイントから移動する際に財布やら何やら入ったバッグを置き忘れるという失態を。。

今回もシッカリやらかしてきた次第です。

ちなみにバイトを誘発してくれたルアーはやっぱりピンクのコトカスミディアム、イザという時は頼ってしまいます。

台風の爪痕

あと、先の台風の影響も。

シチュエーション的にも、できればお宿の前で釣りたかったのですが。

相当量の土砂が流れ込んだとのことで、一帯の様相が様変わり。

頼みのウィードも、小規模なカタマリが点在する感じでコレといったところを見出せず。

また、日中回った奥琵琶湖の奥の奥。

至る所で法面補修工事が行われ、木々もところどころ無残な状態に。

宿泊する四季亭、およびその周辺も。。

京都方面の手練れな先人達も、今回の台風は流石に恐怖を覚えたとのこと。

まずは「この地で今年も無事に集まれた」ということ自体に感謝すべきなのかもしれません。

そうそう。

通称ダンディースリー、今回は京都界隈の凄腕ベテラン勢とご一緒させてもらい色々と得るものが。

例えば長尺ロッドでトップ系のルアーを見事に操るテクニックがとても参考に(真似できるかどうかはさておき)。

また、お三方のやり取りの妙とでも申しましょうか。

今に始まったことではありませんが、ちょっと羨ましいレベルでした♪

今年も健在!プロ仕様BBQ♪

来れないかも?とウワサされていた食のプロ道具番長の番長さん

さらにコレまたBBQの達人ゼネコンGO!のヒデさん

このお二方が揃い踏み、さらに紀伊半島迷走記の川虎さんが高級食材を用意してくれたこともあり。

初日のBBQと2日目の鍋、いずれもすこぶる大変なことに

☆お味はモチロン、イロドリとかも含めて言うことなし!

☆料理ができる男、やはりカッコいいです。

皆さんが持ち寄る機材も益々充実、昨年同様UEDAさんのヨコザワテッパンも大活躍!!

この辺のアイテム、意図的に手を出さないようにしていますが本当にヤバいですね。。

とかいいながら、SOTOのレギュレーターストーブとかアマゾンの「ほしい物リスト」の中にシレッと入れていたり。

釣り場でコーヒー煎れるとか、超憧れます♪

「夜の防衛大臣」降臨!!

2日目の午後からは世界各国を釣り歩く手練れな若人、「夜の防衛大臣」ことペスカトーレ中西くんが合流。

彼のリアルな体験談、ワタクシ的にはモンゴルとエクアドルのお話が特に印象的で(夜の防衛活動も含む)。

さらに!ブログ掲載写真にもチラホラ写り込んでいる歯型やら何やらで傷だらけになったルアー

その刺激的な実物を触らせてもらい、ちょっと興奮しちゃいました♪

☆樹脂製のルアーの中にはお魚の歯が残っているものも。抜いちゃうと浸水の可能性があるので歯ごとコーティングしちゃうとのこと。

☆グリップを見ると使い込みの差異が。最も強いXT710-5Cも触らせてもらったのですが、コレまた夢があってよろしいです!

また、彼がテストしていたり実際に使用しているフエルコのロッドも持参。

自分のものとの使い込みの差異を実感してみたり、無茶な要望をアレやコレやと無責任に言わせてもらったり

一方で、やっぱりタイミングを見てXT610-4Cに手を出してみようかなと。

当方相変わらずのレンタカーフェチ、予定が急に空いても予約の関係で動けないことがアッタリナカッタリ。

でも近場の相模湖とかなら、パックロッドでのノンビリ電車釣行も成立するし。

苦手なフィネス系を度外視すれば、手持ちのXT510-4Cと併せてやりたいことは一通り

とか書いていたら、何だかとても釣りに行きたくなっちゃいました♪

はい、まとめ!!

琵琶湖を目の前にしながら釣りをしない時間が割と長めなのがこの集いの特徴。

で、終わってから「釣りしたい欲」が著しく増幅する的な。

今回もチェックアウト後、某ポイントを見ていこうと思ったら皆さんも案の定♪

ワタクシは奈良帰りの妻をピックアップする予定と、レンタカーの返却時間を考慮して挨拶だけさせてもらいスルー。

妻と合流してそれぞれの報告をしつつ、連休の大渋滞とゲリラ豪雨の待つ都内に向けて。

☆お肉は土山サービスエリアのスエヒロさん。某BBQ写真に感化された妻の「肉食べたい」要望で入ったのですが思いのほか!

☆〆は近所の味噌ラーメン屋さんで冷やし系。〆の〆は毎度お馴染みの白くまで♪

などと思いきや、途中の休憩のタイミングが良かったのかダメージは割と小さめで。

時間オーバーしても仕方がないと諦めていたレンタカーの返却時間も、10分前に完了という完璧な段取り。

釣果的にはアレでしたし妙なやらかしもかましましたが、参加された皆さまのお陰でワタクシ的には今年も大満足でした♪

あー、釣り行きたいなぁ。。

はい、とりあえずそんな感じです!!

++ 今回の参加メンバー ++
あほあほルアーマン:三ツ木さん
サムルアーズが好き:ゴッキーさん
ベイトでいこう!:youさん
くろぼう:くろぼうさん
紀伊半島迷走記:川虎さん
道具番長:番長さん
電撃Fxxking!:ちんねんさん
MIDNIGHT EXPRESS:uedaさん
ゼネコンGO:ひでさん
やるせなす(´・ω・`):Pちゃん
Minister of Defense of the night:ペスカトーレ中西くん
あとワタクシ

++ 関連リンク ++

▼再現したかった過去事例、残念。。
ブラックバス釣り in 琵琶湖 2回目【2015:ベイト難民キャンプ_Day2-2〜Day3】

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします