スモラバ用ケースのカイゼン策を実行!【VS-702:明邦化学工業株式会社】

▲雑なところは否めませんが。

VS-702(明邦化学工業株式会社)

はい。

スモラバ用ケースの課題、ラバーが納まりきらずにコンパートメントからはみでて挟まれがち問題を自前で解決してみましたよ。

メーカーさんにアレコレ問い合わせたところ、実現性は限りなく「0」に近いことが分かったので即方向転換。

ふと思い出して夜な夜な部屋の中を物色してみたら、購入したまま放置していたウレタンパッド(5mm厚)なる素材を発見!!

厚みがある分、収納スペースを圧迫するという懸念はありつつも。

接着面を広く取れるという優位性もあるので、その辺はトレードオフ。

「単に手元にあったからとりあえずソレで試したかっただけだろ?」と言われたら否定はしません、いや正解♪

ケースも素材もお高いものではないので、もしイマイチだったらまた考えればいいかなと。

解決イメージのおさらい

各コンパートメントにねずみ返し的なフチを整形、コレをメーカーさんが後付けユニット的に作ってくれるのが理想。

ねずみ返しをダイレクトに接着しちゃうとコンパートメント内の掃除とか面倒そう、小さなゴミとかも取りにくくなるだろうし。

まぁ、「ナイモノねだり」ということが分かったので今回カッチリ接着したのですが。

理想は理想として、念のために掲げておこうかなと。

☆ウレタンパッドは柔いので、ボックスの仕切りを押し付けることでコンパートメントの型を写して切り出します:雑その1

☆ふちがなるべく均一の幅になるよう、マスキングテープをカットしてものさし的に活用してみました:雑その2

割と肝心な切り出し作業が雑なところは、いわゆる「反面教師」的に見ていただければなと。

本来なら白いチョークやパステルなどで、ハンコ的に写し取る方が確実性が高まるので良いと思います。

また、切り出しは普通のデザインカッターを用いて手作業でカットしたのですが。

垂直よりもやや内側に刃が入る癖が思いっきり露呈、どのコンパートメントも同じように癖が出ている点がチョイ残念。

でもでも、とりあえずの目的は達成できそうな?

何はともあれ、まずはコレで使ってみます♪

接着のちょっとしたコツ

今回パーツの接着に使用したのは「セメダインスーパーX2」。

なんでも接着剤の即硬化版で、接着する両面に塗布するタイプです。

素材を溶かして接着する溶剤系ではないので、時間が経てば剥離してくることも考えられますが。

作業の難易度的にも、現状ではこのタイプがベストかなと。

ちなみに「即硬化」といっても、瞬間接着材みたいな早さを求められるものではありません。

「塗布してから1〜2分後に接着」くらいのゆるめなリズムなので、その点はご安心を♪

で、肝心な「コツ」。

とにかく接着面をアルコールでしっかりキレイにすること、今回の例で言えば特にケースの方!!

パッケージにも記されている基本的なことですが、コレを徹底したほうが幸せになれます。

油分等が残っていると、マジで上手く接着できないことがあるんですよね。

ベタではありますが、守っておいて損はないかと。

はい、特にオチはないですアシカラズ。

とりあえずそんな感じで♪

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします