ステキなボリューム感のフラットサイド・クランクベイトを購入!【チッパワRB:ニシネルアーワークス】

▲久々に市販のクランクベイトをゲット♪

チッパワRB【ニシネルアーワークス】

はい、ついうっかり。

ニシネルアーワークスさんのフラットサイドな新作クランクベイト、チッパワRBさんに手を出してみましたよ。

元々シマノさんのトリプルインパクトや、(使用したことはないのですが)デカビーツァなどの意匠が好きだったこともあり。

このチッパワさんもモチロン、発売前からとても興味深く。

でもでも、何と申しましょうか。

クランクベイトのようなものを自前でこしらえるようになってから、図々しくも市販品をほとんど使わなくなっちゃったのでファーストロットはスルー。

ところがどっこい、コチラの動画を拝見したことで一気に興味が。

こういう方が作るルアーがどんなものなのか、じっくり対峙してみたいなと。

サムルアーズのサム山岡さん然り、バクシンさん然り、フエルコさん然り、ELEMENTSさん然り。

年々、そういう傾向が強まっています。

☆パッケージ内でルアーを平行に保ち、尚且つフックを暴れさせない的な中敷の作りもツボでした。

☆チッパワさんのオナカの凹み的なものが気になりますソコハカトナク、ビーツァとかもこうなってましたっけ?

えっと、思いっきり烏滸がましいですが。

チッパワさんのボリュームが、自前で組んだクランクベイト的なモノと近しかったこともソソラレた要因。

自前のコの設計思想としては、相模湖のオーバーハング下に滑り込ませやすくするよう約18gのウェイト設計。

ハイプレッシャーな状況をイメージして、水押しが強くなり過ぎないようテールは細めでキレ重視。

が、やっぱり状況次第で使い分けたくなり。

同じ型をベースにテール太め版もこしらえようと準備万端!でもアレコレ地味に忙しくて放置プレイ。

と、いったところにチッパワさんがキラ星のごとく。

62㎜というサイズ感も然ることながら、ウェイトが15.0gというところが超好み。

ファットなシルエットと相まって、フラットサイドでありがちなキャスト時に風に流されるようなこともなさそう。

まぁ、この辺は前述の動画を拝見した後に詳細をチェックして気付いた事なのですが。

何はともあれ、コレはもう白羽の矢を刺すしかないのかなと。

尚、普段なら溺愛バーブレスフックのSTBL-31TNに交換するところなのですが。

デフォルトでセットされているフックのしっかり加減を鑑みて、まずはカエシを潰しただけのセミ・バーブレスで。

ソンナコンナで、チッパワさんを思いっきり巻き倒したくなっている次第。

初登板は遠征先?

はい、とりあえずそんな感じです♪

追記:琵琶湖で巻いてみましたよ!

クランクベイトに適したポイントではありませんでしたが、とりあえずお試しでキャスト♪

フラットサイドとは言えファットでシッカリ目なボディ、故に風に流されることもなく飛距離も十分。

一方で巻き抵抗は程良い按配に留められており、非常に心地よいフィーリング。

且つ、バランスを崩したいところではちゃんと崩せるところもステキ。

何と申しましょうか、良くも悪くも「闇雲に巻き倒したくなる症候群」を誘発する系?

出しどころをシッカリ意識しつつ、酷使させてもらいます!!

☆超魅力的!チッパワさんのアクション動画♪

++ 関連リンク ++

今後の展開もとても楽しみです!!
新型ルアーの紹介【Chippawa RB/チッパワRB – チッパワシリーズコンセプト】

++ 関連ページ ++

ちょっとだけ闇雲に巻いちゃいました♪
ブラックバス釣り in 琵琶湖 1回目【2018:今年は早め「湖上でランチを楽しむ会」】

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします