ブラックバス釣り in 琵琶湖 1回目【2017:湖上でランチを楽しむ会】

▲ランチングも至福のヒトトキ♪

2017 07/02 in 琵琶湖 バスフィッシング

はい。

例年より遅めの開催となりましたが、今年も恒例「湖上でランチを楽しむ会」に参戦してきましたよ。

年2回の遠征、もう毎度のことですが。

都内から約450km離れた地での現地集合、久々なのにやっぱり久々な気がしない皆さんとご挨拶。

すこぶるナチュラルに非日常を堪能する感じと言いましょうか、行くだけで8割くらい満足しちゃう的な。

兎にも角にも、ありがたいことです♪

もちろん、釣りもしっかり満喫!

参戦者はワタクシを含めて6名、今回は3名ずつ二艘に別れての乗船。

▼チーム比較的ベテラン

▼チーム比較的非ベテラン

残念ながら当初参加予定だった道具番長の番長さんはお仕事の絡みで不参戦、でもP太郎くんことPちゃんが緊急参戦♪

そのPちゃんがいきなり50UP、朝イチから見事にやらかしてくれます。

ワタクシも参考がてら、ヒットルアーと同カテゴリーと思われるデプスのデスアダースティックをノーシンカーで。

見よう見まねで探っていたら、気を利かせてくれたコがバイトしてくれて見事にフックアップ!

ただ、思いのほか可愛いサイズ。

やや固めなミディアムヘビー・ロッドにラインはPE+フロロリーダー、且つバーブレスのオフセットフック。

ある程度のサイズじゃないとタメが利かせにくいタックル構成なのに、結果的に雑な取り回しになってしまってオートリリース。

このバラシが尾を引いたのか。

何カ所目かに入ったポイントで、同じリグにヒットしてくれた35cmくらいのコをボートの上まで挙げたにも関わらず。

手にする直前のヒト暴れでフックオフ、デッキ上でリズムよく跳ね写真を押さえる前にお帰りに。

まぁ、そんなもんです。

☆湖上の低い雲を見ると、ワタクシ的に琵琶湖で釣りしてる感が増幅。

☆例年よりも遅めの開催だったこともあり、期待を込めてやや強めに偏ったタックル構成に。

丁寧に釣っているキャプテンUEDAさんやPちゃん、別艇に鎮座する「比較的ベテランチーム」の皆さんもコンスタントに釣れており。

時折ステキなサイズのコも混じるような状況だったにも関わらず、ワタクシの手元に伝わるのはコ気味良いギルバイトのみ。

そんなこともあり、太陽が上がってからは巻物系にシフト。

琵琶湖らしい大きめなスピナーベイトなども試してみたのですが、案の定ウントモスントモ。

朝イチの曇天模様も気が付いたらほぼ快晴、気温も一気に上昇したのでややペースダウン。

遊ぶのにもスタミナ配分が必要なお年頃、気持ちは夕方に期待という方向に。

コレが大きな間違いだったようで。

雨が降るという予報は確かにあったのですが

予報では午後に雨、ところにより強めに降るかもというニュアンス。

どちらかというと、状況が好転する恵みの雨になるのではと期待していたのですが。

西の雲が徐々に厚くなり、湖面に怪しい風が吹きはじめて白波もチラホラと。

☆どうやら「ところにより」に遭遇した模様。

☆降雨量と風量が想定外でした。

近江大橋付近にいたので、降りはじめのタイミングでその下に。

でも、予想以上の風と雨。

波も高くなり、途中からはレインウェアも意味をなさず。

キャプテンUEDAさんの冷静な判断と操船技術のお陰で事なきを得たからこそ言える事ですが。

個人的には、釣果云々よりも貴重な体験をさせて貰ったという印象が強いです。

で、この豪雨をやり過ごした後は早めにマリーナに帰還。

着替えを済ませたのち、「マリーナの中で釣りしてもいいよ」とのことだったのでチョットだけ。

「霞ヶ浦的なアプローチ!」とか言って遊んでたらまさかのバイト、でも見事なビックリ合わせで万事休す。

ソンナコンナで、今年は見事に丸坊主で終了と相成りました。

往復約900km、レンタカー代込みでウン万円

久しぶりに皆さんともお会いできたし、琵琶湖の雄大さを(予想以上に)味わえたのでとても満足しているのですが。

釣果を費用対効果的に考えたら、もう少しやりようがあったのかなと。

過去数年、多少の前後はありつつも同じような時期の遠征。

毎回ワタクシなりにアレコレ調べて琵琶湖ローカルなルアーなども仕込むのですが、結局ほとんど使ってないし。

そんなわけで。

次回の遠征では、何かしらシフトさせてみようと思っている次第です。

でも次は晩夏の祭典?釣りをしないパターンもあるかも?

まぁ、それはそれで楽しくなりそうなのですが。

何はともあれ、皆さんお疲れ様でした!!

とりあえずそんな感じです♪

ピーク時はカメラ出せませんでした。

++ タックルの詳細 ++

▼なぜこのタックルにノーシンカーをリグったのかと。
Abu 521 XLT LH アベイルスプール仕様FD TS-172MHPF

▼朝イチはクランク巻いてました♪
Abu 521 XLT アベイルスプールPE仕様FD TS-1610MF

▼ダウンショットも途中までは頑張りました♪
Abu 521 XLT アベイルスプールPE仕様FD PV-1610M

▼メガロドーン2ozを巻くならレベルワインドはあった方が♪
Abu 5500C QTC Frame アベイルスプール仕様FD TS-168H

++ 参考記事 ++

関東から琵琶湖までのアクセス:MIDNIGHT EXPRESS

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします