非円形Abuにアベイル軽量スプールその8【Abu Ambassadeur 521 PLUS LH】

▲前期型ブレーキ問題もほぼ解決♪

はい。

521 PLUSフェチな皆様こんにちは。

中国からの納品という点に気付かずオーダーしちゃったブレーキ調整用1mm厚のネオジウムマグネット。

ようやく到着したので、521 PLUS LHのアベイル軽量スプール化を理想的なカタチで実現させてみましたよ。

最大の課題は前期型ブレーキユニットと後期型スプールとの相性問題。

まぁ、この辺は一層マニアックなので後半で♪

まずは基本のカスタマイズ!!

アベイルスプール装着に必要なパーツは521 XLTの後期型モデル1台、それさえ用意できれば作業はカンタン。

スプールシャフトを後期型に交換し、スプールに付いているギザギザな輪っかをアベイル軽量スプールに取り付けて組み込みます。

見た目にこだわらなければブレーキユニットも丸ごと交換、ワタクシも先日の釣行まではそのカタチで活用してました。

あとは必要に応じてブレーキ強化。

サイズ的にもコスト的にもダイソーさんのネオジウムマグネット(直径6mm×厚さ3mm、8個入りのタイプ)がオススメです♪

ちなみにブレーキユニットを丸ごと交換しない場合、カスタマイズで使用するパーツは左右モデル関係ありません。

但し、(今回のカスタマイズでは触れませんが)レベルワインド周りの一部パーツは左右で互換性がないのでご注意を。

☆最重要パーツは後期型のスプールシャフト、コレがないとスプールのセンターがズレちゃいます。

☆真ん中のブレーキはポン付け可能な後期型。右の写真が中国からの逸品100個入りで1050円ナリ、まぁまぁ使えそうです!

で、ココからが一歩踏み込んだカスタマイズ。

元々521 PLUS LHはシンプルな見た目にこだわっての入手、故にブレーキユニットもそのまま活用したいのですが。

前期型と同じ構造なので、ブレーキユニット内部のマグネットパーツを固定するネジが後期型スプールと微妙に干渉するという問題が。

でもでも、擦れるのはネジの頭の部分だけ。

それなら、ネジじゃないもので固定すれば良いのでは?

試しに後期型の針金曲げただけみたいなパーツで固定してみたところ、微妙に擦れちゃう問題がアッサリ解決!

マグネットパーツを固定させる強さも何とか大丈夫そうかなと。

☆弱くなったブレーキのパワー、最初は我が家にあった小さなネオジウム2つで調整を試みたのですが流石にコレは無意味でした。

☆真ん中の写真、奥2箇所が1mm厚を追加した状態です。右は後期型での個人的ベストなセッティング、3mm厚だけで賄っています。

チョットだけ残った問題が、ブレーキのパワー調整。

後期型に比べてマグネットの位置がスプール寄りになるので、厚さ3mmのダイソーマグネットだと2枚重ね的な調整ができず。

そんな理由もあり、薄めのネオジウムマグネットを物色していたというわけです。

で。

ダイソー超強力ネオジウムマグネットに中国製の1mm厚を1個ずつ追加したところ、感覚的ではありますがナカナカよろしい按配。

あとはいつものごとく現場で調整する算段、100個もあるので何とかなるかなと。

尚、次の予定は西の大湖でのバスボ釣行。

調整する暇がないくらい釣れちゃったらどうしようとか、そんなムダな心配をしてみたり♪

何はともあれ、早く使いたいなと。

はい、とりあえずそんな感じです!!

追記

琵琶湖遠征で実戦投入してみましたよ。

釣果はさておき、もうビックリするくらいよろしい感じでした♪

中国製の1mm厚ネオジウム、届くまで時間を要しましたが待ってて良かったです!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします